2013年10月の記事一覧

おにぎり屋での販売補助~販売がメインだったので楽でした

おにぎり専門の小売店で、新装開店のオープンセールに伴い、
販売補助のアルバイト
を募集していました。
会社勤めを辞めたばかりで暇だったので、短期のアルバイトならとやってみたことがあります。

応募方法

おにぎり屋さんの入り口脇に、開店セールの短期バイトの募集広告が貼ってありました。
またお店がオープンしていなかったので、電話連絡をして履歴を持ち、お店に面接に行きました。
その場で即採用となり、後日仕事に就くことになりました。

働いた場所

東京都中野区の中野坂上駅から、歩いて数分のところにあるお店が勤務地でした。
駅の出入り口によっては、歩いて30秒ほどでお店に着いてしまえるような便利な場所でした。

仕事内容について

朝は8時からでいいと言われたのですが、
少しだけ早めに入ってパック詰めなどを手伝いました。
ただ、本来は単品で素のままのおにぎりを注文があってから
パックに詰めて販売するスタイルのお店だったので、
パック詰めといってもおかずやおにぎりパックを少量詰めた程度です。

お客様がいらしたら、元気よく「いらっしゃいませ!」とお迎えし、
次々と来るお客様をあまりお待たせしないように、
また注文を間違えずスムーズに会計まで済ませられるようにとテキパキと動きました。

実家が飲食系の商店だったので、不慣れなことでもなく勝手に体が動いたようなところがあります。
品切れや出来上がっていないおにぎりの注文があったときには、
握ってもらえる場合も多いので店長などに確認しました。
お客様に喜んでもらえると、嬉しかったです。

毎日、おいしい手結びのおにぎりをタダでいただけたのが、一番嬉しかったです。

お給料と待遇について

時給は、800円でした。
開店セールを手伝うのみの短期アルバイトにしては、いい時給ではなかったかと思います。

勤務時間は、朝の8時から夕方の16時まででした。
朝が早めでしたが、おにぎりを握るわけでなし、
簡単なパック詰めの手伝いなどはしましたが販売がメイン業務だったので楽でした。
お昼休憩に1時間もらい、あとは10分ほどの休憩を2回もらいました。
実働にしてみれば、6時間半くらいになります。
勤務期間は、たったの3日間です。
もっとやりたくなったのですが、短期間だけの手伝いということで、終了でした。

終了日の退勤時に、手渡しでお給料をいただきました。

服装について

シャツにパンツという軽装で、行きました。
特に制服などもない個人経営のお店で、
エプロンは持参しましたがどんなエプロンか問われることもありませんでした。
三角巾などもなしで、髪は長かったのでしっかり結びました。


求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド