2014年5月の記事一覧

印刷会社でダンボール組み立てとポスターやチラシ等の箱詰め

 大手の印刷工場で、失業中に日雇い派遣のアルバイトをしたことがあります。
何度か同じ現場に行きましたが、そのときどきで作業する内容が異なりました。

応募方法

 インターネットの求人サイトに、日雇い系の派遣会社の募集記事が載っていて応募しました。
勤務地が東京の北区王子とアクセスしやすそうな場所だったので、
その派遣会社に登録をしに行きました。

写真と履歴書を持っていき、登録用紙に記入を済ませたら、個人面談がありました。
これまでの経歴を聞かれ、どんな仕事をしたいか、
希望勤務日などを聞かれ、実際の仕事紹介は後日ということで解散となりました。
面談の時間は、10分ほどでした。

働いた場所

印刷工場は、東京都北区の赤羽駅から歩いて10分弱のところでした。
一帯に印刷工場が多く、工場の向かいにはスーパーもあって
お昼にはそこで買物をしたりフードコートで食事をする人も多かったです。
大きな公園も近くにあり、便利でした。

仕事内容について

 パンフレットなどの印刷物やチラシを段ボールに詰めていく作業や、
大きなポスターを大型の段ボールに箱詰めする作業、
印刷物の裁断機の側でまとまった印刷物を茶紙で梱包する作業など、
印刷物を扱う仕事ばかりです。

 段ボールに箱詰めを行う部署では、一日のほとんどを
段ボール組み立てに費やすこともありました。
梱包作業を行う部署では、ひたすら印刷物の束を茶紙に包んで
ガムテープで止めるという作業を繰り返します。
慣れてくると早く作業ができるので、楽しくなってきます。

ただいつも時間との勝負で数を大量にこなす必要のある職場だったので、
まる一日暇になることはなく、くたくたになりました。

お給料と待遇について

時給は、900円です。
8時間を越えた残業がある場合には25%増しとなりますが、滅多にありませんでした。

勤務時間は、朝の8時45分に集合して体操と朝礼がありました。
午前と午後に15分休憩が入り、12時からはお昼休みに1時間もらえます。
夕方の17時までが基本で、実働は7時間労働です。

が、配置される部署によっては、もう少し長めの勤務時間になるところもありました。
勤務期間は基本的に単発で一日のみで完結しますが、
翌日仕事に入れると同じところに紹介される場合もあります。
一度行った工場には、日にちが空いてもまた紹介されることがあり、
私はこの工場にトータルで20日ぐらいは行ったと思います。
日曜日は工場がお休みで、基本は月曜から土曜のいずれかが勤務日になります。

出勤と退勤のメールを入れて、翌日には銀行に給与が振り込まれました。

服装について

動きやすい服装で、スニーカーを履いていくこと。
スカートは、NGでした。
アクセサリーや派手な服も禁止で、違反すると派遣会社に注意されてしまいます。
ダンボールにまみれたり、かなり激しい動きをすることもあったので、
Tシャツやトレーナーがベストです。


求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド