2015年8月の記事一覧

電子書籍のスキャニング~意外に手間のかかる作業でした。

一時期テレビでもニュースに出るようなことがありましたが、
電子書籍用のスキャニングをする短期アルバイトをしたことがあります。

ここ数年でしたバイトで、失業中に就いた仕事です。

応募方法

インターネットの求人サイトで募集を見つけて、応募しました。
2週間から1ヶ月という約束で、会社側でも先行きの見込みは不確定という様子でした。
履歴書を持って会社に面接に行き、簡単な面接を経て採用が決まりました。
職歴をざっと確認されて、どのような仕事内容かの説明を受けて
勤務希望日を告げるというような、30分程度の面接です。
翌日には電話連絡があり、採用となりました。

働いた場所

東京都世田谷区の松陰神社前という駅から、歩いて7~8分の場所にある会社が勤務地です。

仕事内容について

紙の書籍を開いて、写し取りたいページをスキャニング機械にあて、
ボタンを押すと機械が自動的にページの読み込みをしてくれます。

内部でデータの保存が行われるので、特に難しい作業ではありません。
ひたすらページを開いては読み取り、開いては読み取りを繰り返すのみで、
大量にコピーを取るのと一緒です。

スキャニングとは、読み取りのことです。
何百ページもある書籍ばかりをスキャニングするので、一日に数冊の本を
読み取れればいいほうで、意外に手間のかかる作業だとわかります。

一人黙々とする作業なので、同じ仕事を単調に繰り返すのが
向いていない人だと辛いかもしれません。

活字が好きな人なら、読むことはできませんが、
活字に近い場所にいられるという意味では楽しい仕事です。
スキャニング後の処理などは必要なかったので、
誰にでも簡単に取り組める作業だと思います。
スキャニングを行うときは、機械の前に立って作業します。

お給料と待遇について

時給は、900円でした。
書籍を機械の上においてスキャニングするだけなので、割を考えると高時給だと思います。

朝の10時から夕方の18時まで、勤務しました。
食事休憩に1時間があり、途中休憩に15分ほど入ります。
実働は6時間45分ですが、途中休憩分の時給は支給してもらえます。
普通の小さな会社の中で仕事をするので、食事はこじんまりしたテーブルの上でとりました。
勤務期間は、私は2週間です。
他の仕事が決まっていたので、2週間だけの勤務となりました。
月曜から金曜までの仕事で、土日はお休みでした。

お給料は月末〆で、翌月の15日払いでした。銀行振り込みで、給与が支払われました。

服装について

服装は、何もとやかく言われませんでした。
髪の色なども、うるさく言われる人はいなかったと思います。


求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド