2016年7月の記事一覧

農家で葉もの野菜の収穫~空気の綺麗な場所で気分転換に

学生時代にした短期バイトで、
群馬県の農家で春頃に野菜の収穫を手伝うという仕事がありました。

応募方法

求人誌に募集記事が載っていたので、応募してみました。
春から夏にかけてよく見かけていた求人でしたが、
勤務地が遠いし肉体労働だしというわけで敬遠していました。
電話で応募したら直接現地に行って仕事するのですが、
特に登録などはなく親戚の家におこづかいをもらって手伝いに行く
というような気軽さ
で仕事できました。

働いた場所

群馬県の嬬恋村が、勤務地でした。
私は電車でのアクセスだったので日帰りは無理で、
友達と一緒に旅行がてらの泊り込みでバイトに行きました。
交通費はある程度は出るのですが、往復の交通費にはとても足りなかったので、足が出ました。
数日間以上いれば、元は取れたのではないかと思います。
他によく見かけていた農家の収穫短期アルバイトでは、長野県などもありました。

仕事内容について

朝、時間前に農家に集合して仕事の開始です。
簡単に収穫方法の説明があるので、あとは見よう見まねで収穫します。
あまり難しい作業ではないので、要は慣れです。
私たちはレタスの収穫をしましたが、キャベツなどの収穫だと重さがあって
段々きつくなってくるようです。

私は虫が苦手なので、ときに出現する虫におびえました。

収穫する野菜によって刃物を使うこともありますが、道具は借りられます。
収穫したものはコンテナに積んでいき、たまったら畑の途中に停めてあるトラックのほうに
運びます。
荷運びは、やはり何度も重なると大変になってきます。
ただ、黙々と収穫すれば先の見える仕事ではあるので、楽しくするかどうかは気持ち次第です。

空気のきれいな場所で、たまに体を動かして仕事をすると、
清清しい気持ちになれて気分転換になりました。

服装について

働いているときには、Tシャツとパンツスタイルでした。
割烹着のようなものを借りて着たのですが、半袖やランニング姿だと日焼けしてしまうので、
気になる場合はあらかじめ長袖で挑んだほうがいいかもしれません。
とにかく日差しが強いので、帽子も必携です。
借りることもできましたが、数が用意されていない場合もあるので、持参するのが無難です。
つば広の麦藁帽がベストです。
靴は、スニーカーなどでもいいのですが、長靴のほうが汚れません。

お給料と待遇について

日給で、5000円台でした。
朝の7時から夕方16時頃まで実働は8時間に近かったので、
時給に換算して700円ぐらいになると思います。
お昼休みと途中休憩で合わせて1時間ちょっとの休憩が入りますが、
ずっと屋外に出ていました。

勤務時間は、朝の7時から夕方16時頃まで実働はおよそ8時間です。
勤務期間は、平日の2日間だけ入りました。

2週間から2ヶ月ほどのバイトも募集されていましたが、
住み込みの必要があるので、私たちは近所に宿をとって泊まり、2日間だけの仕事です。
宿代は出してくれませんが、農家に住み込む場合はたしか格安で
お部屋を借りられた
のではないかと思います。
ただ、相部屋という話だった記憶があります。

お給料は仕事が終わってから、日払いで手渡しをしてもらえました。


求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド