マネキン派遣

スーパーで発泡酒のデモンストーレション

 土日祝日などに、よくスーパーで試食試飲販売をしている
デモンストレーション
をしたことがあります。
登録制のアルバイトで、土日の2日間単位で仕事を受けるルールですが、
1回切りで終えてもいい比較的気軽にできる登録制のバイトです。

どこで応募したの?

 インターネットの求人サイトから応募して東京の恵比寿の会社に登録をしに行き、
翌日には仕事をするということになったので、
声出し訓練や歩きながらの口上練習など、1時間くらい予行演習をさせられました。
研修は面接を兼ねてだったので、時給は出ません。
登録時には、ほかに学生風の女の子が2人きていて、社会人は私一人の様子。

年中人手不足の業界のようなので、不衛生だったり態度が悪かったりなど
余程のことがない限り、不採用になることはない
ようです。

研修は30分で終わる人もいれば、1時間延々と声出しが出来るまで練習させられる人もいます。
軽い気持ちで応募したので、これはきつかったです。

お給料関係

 デモンストレーションの仕事を選んだ理由を聞かれて、
覚悟のような意志を述べないといけないのかと思い、緊張してもう止めて帰ろうかと
思ったのですが、一日で12000円の日給は短期バイトでは高いほうなので頑張りました。

 朝の10時から夜の19時までみっちり8時間、お昼休みに1時間もらえますが、立ちっ放しで声を張り上げっ放しの仕事なので、体力は使います。
たった2日間の勤務期間ですが、一日終わる頃にはくたくたになりました。

お給料の支払いは、2日間の仕事を終えてレポートをFAXで派遣会社に送ってから
2~3日後の振込みです。
連休中だったので少しお給料が高い設定になっていたようですが、
遅刻をしたりするとペナルティが課されてお給料から差し引かれるので、
全額お給料が入ってよかったです。

お仕事内容

 翌日に派遣されたのは、東京メトロの東西線の原木中山駅前にあるスーパーでした。
つまり、千葉県です。
2階建てのスーパーでしたが、ローカルなイメージでした。

 宣伝販売する品物は、第三のビールといわれるアルコール飲料
有名メーカーから新発売したばかりで、CMはジャンジャン流れていましたが
まだまだ知名度の低い商品でした。
飲んだことがあるかどうかと聞かれて、ないと答えたらサンプルをもらえました。
これは、役得ですね。
 
 まずは、スーパーの前に到着したことを派遣会社に電話連絡し
、スーパーに入ったらデモンストレーションに来たことを担当者に告げます。
ここまではいいのですが、商品を買ってくれたお客さんにプレゼントする品物は
倉庫内から自分で探して準備しなければならず、勝手がわからないのがちょっと大変です。
誰も手伝ってはくれないので、心細い思いをしました。
ところが、しばらくしてからメーカーの営業担当さんがやってきて、
いろいろと配置をしてくれたりしてからは順調に。

 あとは、終了時間がくるまで延々と声を張り上げてアルコールの宣伝です。
このときは、試飲サービスはありませんでした。
アルコールを買おうと冷蔵庫の前に立っているお客様に近づいて、軽く宣伝をする程度です。
買ってくれたお客様には、サランラップなどをプレゼントします。
しつこくしすぎてもいけないのですが、買ってくれそうと思ったお客様にはプッシュしてみます。

 一日の仕事が終わるとスーパーの担当者にレポートを提出して
意見とサインなどを書いてもらうのですが、いいことを書いてもらえてほっとしました。
声をかけることで買ってくれる人もいれば、聞く耳持たないお客様も当然いらして大変な仕事ですが、このときばかりはやりがいを感じました。

どんな服装でやったの?

服装は、白のブラウスに黒のスラックスかスカートという決まりがありました。
冷蔵庫の前で寒いのでと、派遣会社からジャンパーを借りていったのですが、
ジャンパーを着用しても冷えたのを覚えています。

1 / 812345...最後 »

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド