配送センター

デパートの配送センターでお中元の仕分けバイトは重量級!

短大生の頃に、デパートの配送センターでお中元の仕分けのバイトをしたことがあります。
6月に求人誌で募集があり、仕事は翌月からのスタートでした。

お給料について

7月の2~3週間の短期バイトでした。
勤務時間は、朝の8時45分から夕方の17時まで。実働時間が7時間なので、少し短めです。
休憩時間はお昼休みに1時間、午前と午後に15分ずつの休憩タイムが設けられていました。
お給料の支払いは、バイトの期間が終了した2週間後でした。
配送センターまで行って手渡ししてもらったのですが、学生の頃だったので手渡しで現金支給があるのは嬉しかったです。

服装について

服装は自由ですが、仕分けのバイトにやってくる人たちに派手な人もいませんでした。

仕事の内容

 場所は、東京の品川埠頭にあるデパート専用の配送センターでした。
私たちは短期のバイトでしたが、普段から専属で働いているご近所の主婦の方などもいて、活気のある職場でした。
ただ、私は特に体力があるほうではなかったので、仕事内容は少々きつかったです。

 というのも、一日中ベルトコンベアに流れてくるお中元の荷物を仕分けするのですが、
この荷物というのがほとんど重量級
おしょうゆやジュースの詰め合わせ、ビールなどの重いものばかりで、
時には「そーれ!」と荷物が飛んでくることがあります。

 体育会系の男子学生のような人が多かったので、
体力と精神力に自信がある人のほうが向いていると思います。
私が担当していたのは、荷物の行き先が並んでいたベルトコンベアーの担当の
配送先と違っていないかです。
ベルトコンベアーごとに配送先が分かれているのですが、
東京都内の一部の地域のみを担当している配送センターでしたので、見分けるのは簡単でした。
配送先が間違っていなければそのまま荷物を流し、間違っていればコンテナに荷物を戻します。

やってみての感想

途中で、伝票事務の作業に変えてくれるような話も出ていましたが、
結局は仕分けのほうで人が足りないので配置変換はなく、最後まで体力勝負。
真夏の体力仕事でしたが、終わってみれば爽快感を得られました。

1 / 212

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド