買い付け

ロンドンにてブランド品の買い付けバイトをしました

ロンドンに短期間滞在していたときに、
ブランド品の買い付けをするアルバイトをしたことがあります。

応募方法

親戚がロンドンに住んでいて、あるとき日本人向けの現地新聞を読んでいたら
載っていたからやってみれば?とすすめられました。

日本のブランド品輸入販売会社が募集していたアルバイトで、
面接も履歴書も不要の単発アルバイトでした。
電話をして集合場所を教えられ、現地集合となりました。

働いた場所

ロンドンの中心部に集まり、車でブランドショップを巡りました。
車の運転は、会社のスタッフさんが行い、無料です。

お給料と待遇について

現地のポンド払いでしたが、日本円に換算して時給500円くらいのバイトでした。
ほんの2~3時間程度の拘束で、勤務期間は一日のみ。
翌日もやれないかと聞かれましたが、断りました。
曜日は平日で、11時頃から14時頃までかかったと思います。
厳密な勤務時間はなく、数店舗のお店をまわってブランド品を購入したら終わりという仕事なので、
一日で1500円ほどの給料になる計算で行きました。

お給料は仕事が終了した時点で、その場で支払いがありました。
チャリンチャリンとポンドを手渡しされる程度のお金でしたが、収入にはなったのでよかったです。

服装について

特に指定はなかったのですが、高級ブランド品の路面ショップに行くということで、
それなりにお洒落をしていきました。

が、完全に現地のショップの店員さんには馬鹿にされていた感じです。

仕事内容について

この日はルイ・ヴィトンのみでしたが、他のショップに行かされていた外人さんもいました。
ルイ・ヴィトンのショップを2~3店舗まわり、指定された商品をいくつか購入するのが使命なのですが、お店によっては円高を狙って商売で買い付けに来ているのを嫌がられて
売ってくれないところもありました。

日本人の店員さんに相談できればよかったのですが、本当にお金持ちの常連さんにかかりきりで話ができず、あまり通じない英語で頑張ってお願いしてみましたが、
「商品はあるが、もう売れない。」の一点張りで終いにはフランス語で話されてしまう始末になり、
退散しました。
実際の使命は3商品以上のブランド品を購入することでしたが、
無理はしないでくださいと言われていたので2品を購入してお店を後に。

それを数店舗で繰り返すのですが、お店を巡るうちに段々といけないことをしている
のではないだろうかという感情が芽生えてきて、ストレスのかかる仕事でした。
ただ、お買い物好きでブランドめぐりに慣れている人なら楽しく楽にできる仕事
ではなかったかと思います。

円高を利用しての仕事発生だったと思うので、かなり珍しいバイトではないでしょうか。

日本人スタッフから現地で仕事内容の説明はしてもらえましたが、
当日に集まって即行で仕事というなかなかないスタイルの仕事で、思い出深いです。


求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド