仕分け

紅茶販売業者で茶葉の仕分け~急かされたりせずにのんびりと。

いまや女性に大人気の紅茶専門店の本社にて、
茶葉の仕分けの単発バイトをしたことがあります。

一ヶ月に1~2回、数ヶ月に1度など、不定期に単発であるバイトで、
社会人になってからの失業中に就いた仕事です。

応募方法

求人誌の募集で、数日間の短期バイトとして見つけました。
会社に履歴書を持って面接に行き、仕事内容の簡単な説明を受けました。
あまり人数を必要とするバイトではなかったようで、
先着順のようなところがあったかもしれません。

面接は、30分もかからなかったと思います。
当日か翌日には電話連絡があり、採用が決定しました。

働いた場所

東京都渋谷区の代官山付近が、勤務地でした。
小さな会社の作業場で、数名のバイトさんが集まって仕事していました。

仕事内容について

紅茶の茶葉をパック詰めするのが、仕事です。
大量に用意された茶葉を量りで計量しながら、パックに入れていきます。
アルミ缶とビニールパックがあり、アルミ缶をメインに詰めていました。

一日に数種類の茶葉のパック詰めを行いましたが、あまり急かされることはなく、
のんびりと優雅に作業できたのが楽でした。

作業スペースも工場ではないので明るく、和やかな雰囲気で仕事が進んでいました。
ただ、紙マスクをしているので、おしゃべりはほとんどできません。

たった4時間ほどの作業なのであっという間に時間が過ぎてしまいますが、
計量を間違ってはいけないというのとゴミが入ってはいけないのとに注意する
必要があるので、和やかなムードの反面で神経質に配慮するシーンもあります。

ただ、いわゆる工場系のバイトで流れ作業をするのとは違い、
仕事量もそれほど多くなく短時間なので、立ちっ放しでも体力的にはやりやすい仕事でした。

お給料と待遇などについて

時給は、900円でした。
何度か継続してもこれ以上にもこれ以下にもなることはなく、固定の時給です。

勤務時間は、朝の10時から午後の15時頃まで。
お昼休憩に1時間を挟んで、実働は4時間ほどでした。
あらたまった途中休憩の時間はありませんでしたが、
トイレ休憩などは自由にとれました。
勤務期間は、2~3日です。
今では有名で大人気の紅茶専門店なのですが、
当時はまだ知る人ぞ知るというレベルのお店だったので、あまり仕事量が多くなかった
のです。
一度単発バイトに行くと、また仕事があるのでやりませんか?と声をかけていただけますが、
引き受けても断ってもいい自由なアルバイトでした。

仕事が終わった日に、手渡しで給与を支払ってもらえました。

服装について

どんな服装でも自由でしたが、食品を扱うお店でしたので、不潔な格好だけはNGでした。
髪の毛は、結ぶか乱れないように帽子を借りて着用しました。

1 / 212

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド