オフィスワーク

労働調査所で講演会事務補助~お菓子をたくさん食べてました(笑

産業や労働に関する調査を行うという会社があり、
そこで主催する講演会の受付や事務補助をする短期バイトをしたことがあります。

短大を卒業してすぐに、就職せずに就いた短期アルバイトです。

応募方法

求人誌で、募集を見つけました。
講演会の受付がもともとの募集内容でしたが、
実際には事務所での事務補助もあり、お茶だしなども行いました。

会社の人事に履歴書を持参し、面接が行われ、当日中に採用の電話連絡がありました。
面接は、30分ほどかかったと思います。
短大を卒業仕立てだったので、職歴もなく、将来何をしたいのかというようなことを聞かれました。

働いた場所

東京都千代田区平河町にある会社が、勤務地でした。
講演会となると、都内の各地に行くことになります。
千代田区内のホールのときもあれば、新宿まで出るようなこともありました。
東京都を出ることは、なかったです。

仕事内容について

講演会のときには、主に受付を行います。
受付台で出席者の名前を確認して出席簿にチェック、
口頭で簡単に席への案内を行い、講演会が終了したらお見送りをします。

準備をするようなこともあまりなく、純粋に受付をしていました。

講演会がないときには、事務所でコピー取りをしたり、講演会の出席簿の入力を
PCで行ったりとごく簡単な事務を行っていました。

電話番も行いましたが、全て講師の先生への取次ぎなので、
何か説明をするようなシーンはなかったです。

かなり暇な仕事だったので、何もすることがなくなるとレギュラーのスタッフさんが
お茶を入れてきてと頼んでくれました。
講師の先生宛てにいただきものが多く、出張講演会などのお土産があったりもして、
全国各地の銘菓を味わえたのが特典
です。
私とレギュラーのスタッフさんとで、かなり大量のお菓子を摂取していた覚えがあります。
そのスタッフさんが茶道をしている方で、おいしいお茶もあり、
仕事というよりはお茶を飲みに行っていたようなところもありました。

お給料と待遇について

時給は、1000円でした。
勤務時間は、朝の9時から夕方の17時まででした。
お昼に食事休憩が1時間あり、レギュラーで働いていた二部学生の女性と
一緒に事務所の応接室を使って食事していました。
実働は、7時間です。

暇なときも多く、一日に2回もおやつタイムがあったことも少なくなかったです。
勤務期間は、一ヶ月。
講演会が多くなる繁忙期だったので、採用があったようです。

お給料は月末〆の翌月20日払いだったと思います。
銀行振り込みで、給与の支払いがありました。

服装について

オフィスカジュアルで、出勤していました。
資格を持った講師の先生たちが事務所内にもよくいらしたので、
講演会ではもちろんですが、砕けた格好はあまりできませんでした。

1 / 1212345...10...最後 »

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド