ポスティング

団地入居の斡旋業者でDM配布~自転車で配りまくりました!

抽選で入居が決まる団地への入居斡旋業者で、
ダイレクトメールの配布(ポスティング)をする短期バイトを学生時代にしたことがあります。

応募方法

求人誌で、募集を見つけました。
単発で出来るということだったので、早速登録に行き、
その場でハガキ状のダイレクトメールを大量に受け取り、自宅に持って帰りました。

仕事の登録は、登録用紙への記入を行い、履歴書などは必要なかったと思います。
会社で簡単な説明があり、即仕事を始めることになりました。
30分から1時間かからないぐらいで、仕事が決まったと思います。

働いた場所

ダイレクトメールの配布自体は、好きな場所で行えます。
ハガキを持ち歩いて、自宅の側でも外出先でも個人宅に投函すればいいだけです。
ただし、東京都内の団地の案内なので、配布先は東京圏に限られていました。
私は、東京都北区周辺や葛飾区周辺で配布していました。

仕事内容について

ハガキ状のダイレクトメールを自転車の籠に入れて、一軒家と集合住宅に配布しまくりました。
団地の入居者募集なので一軒家にお住まいのお宅に配っても意味がないと思い、
途中から集合住宅に配ることに切り替えました。

が、集合住宅の場合は出入りを厳しくしているところもあり、
ダイレクトメールは一切お断りとしていることもあるので、なかなか枚数を配れずに困りました。
集合住宅の中には管理人さんに相談すれば配布許可をもらえるところもあるようですが、
管理人さんがいなさそうなところにばかり近づいて配布していました。

マイペースにできるのはいい仕事ですが、あまり効率よく配布できるものでもなく、
良し悪しのある仕事です。

お給料と待遇について

一枚ハガキを配布すると、8円支給される仕組みでした。
集合住宅などにまとめて配布できれば効率がよいのですが、
一軒一軒個人宅をまわるのでは一時間に100軒まわれないこともあり、
時給に換算したら平均で600円程度になるかと思います。
それでも、マイペースに自分一人で好きな場所で配布が行えるという仕事上、
気楽にできるバイトにしては高い時給ではないかと思います。

好きな勤務時間に、働くことができました。
私の場合は、ダイレクトメールを配れる日に一日2~3時間を自転車でまわっていました。
勤務期間は、一週間ほどです。
まわれるところも少なくなってきて、交通費をかけるのではあまり意味がないので
一週間で打ち切りにしました。

一日だけで出来るバイトでもあるので、勤務期間も自由です。

配布をし終えたら、何枚配ったかを会社に報告します。
自己申告をもとに、月末締めの翌月20日に銀行振り込みで給与が支払われました。

服装について

特に決まりはなく、監視の目もないので自由です。
ただし、ダイレクトメールのサンプリングはただでさえ疎ましく思われがちなので、
あまり怪しげな服装はしないほうがいいと思います。


求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド