検品 バイト

チョコレートメーカーの国内倉庫でチョコの検品と詰め合わせ

国内ではほんの数箇所でしか売られていないという、
有名なフランスのチョコレートメーカーで短期バイトをしたことがあります。
といっても、そのチョコレートを輸入している会社の倉庫でのチョコレートの検品と詰め合わせです。

応募方法

インターネットの求人サイトから、応募した日雇い派遣の会社に登録し、
あるとき紹介があったのがこの仕事でした。
登録自体は派遣会社であらかじめ済ませていたので、
仕事に入れる日に紹介されたのがチョコレートの検品だった
というわけです。

派遣会社への登録には、履歴書と写真の提出があり、
登録用紙に記入をして集団で仕事の入り方の説明を受けました。
後日の仕事紹介を待つようにと言われ、その日は解散。
仕事に入れる前日に電話で派遣会社に電話して、仕事を受けるという仕組みです。

働いた場所

千葉県船橋市の西船橋駅前から、無料の送迎バスで
埠頭のほうにある工場に連れていかれました。

仕事内容について

フランスから空輸されるチョコレートを、決まった並び順で箱詰めします。
箱作りから始まり、必要な個数分の箱を作ったら、チョコレートを詰めていきます。
ほんの数名で作業していたので、あまり急かされることもなく、のんびりした雰囲気でした。
箱詰めしたチョコレートは冷蔵ケースに並べて、終了です。

フランスで詰められて空輸されたチョコレートだとばかり思っていたので、
意外な舞台裏が覗けたアルバイトでした。
試食に味見させてもらえるというようなことは一切ありませんでしたが、
自分が買ったことのある高級チョコレートがこんな場所で…と思ったら感慨深いものがありました。

お給料と待遇について

時給は、900円です。
朝の9時から夕方の17時までが勤務時間ですが、バスの送迎時間があり、拘束時間は長いです。
朝の8時10分頃にはバス停で待っていなければならず、早起きする必要があります。
お昼休みは1時間休憩、午前と午後にトイレ休憩が15分くらいずつありますが、
椅子に座れるわけではなく、休憩所が遠かったので立ったままでぼんやりしていました。
実働は6時間半くらいですが、途中休憩の時給は引かれないので、7時間分のお給料が出ます。
勤務は、この日と翌日の2日間のみでした。

作業日の翌日には、銀行振り込みで支払いがあります。
派遣会社に出退勤の勤務時間を朝と夕方にメール送信するので、
それをもとに計算してもらい、振込みが可能となります。

服装について

白衣とマスク、帽子の貸し出しがあり、更衣室で着替えて作業場に行きます。
出退勤時の服装は、自由でした。

タグ:

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド