マネキン 派遣

5個300円で売る菓子パンの販売のお手伝いをしてきました

どこで応募したの?

大学生の頃、都内のマネキン用の派遣会社にアルバイト登録をしていました。
登録募集の記事を雑誌フロムエーで見つけ、その後会社に出向いて登録。

登録後は好きな時にその派遣会社に行って求人広告を探します。
自分に都合の良い日時、場所、仕事内容を選んで申告し、
当日その場所に自分で向かいます。ほとんどの仕事が拘束9時間、
実働8時間、日給8000円で交通費は別払いで実費支給でした。

仕事が終わった後で再び派遣会社へ行き、
必要事項とかかった交通費を書類に記入して現金を受け取ります。
仕事後は平日であれば次の日にでもお金がもらえるので重宝していました。

*現在フロム・エーの雑誌版は廃刊となっております。

仕事内容は?

朝決まった時間に指定の東京都下にあるスーパーへ出向き、
担当の方に挨拶、その日の仕事の指示を受けます。

この菓子パン売りの仕事は週末の2日間同じことをしました。
パン工場から大量のパンが届いているので、
まずはそれをお客さん側から見やすいようにショーケースに並べます。
その後、「5個で300円でーす」と言いながら、スーパーに来る
お客さんに買ってもらえるように宣伝をします。

たくさん買ってくれた方にはおまけをして良いと言われていたので、
それも宣伝文句に使いながら売り、例えば10個買ってくれた人には
おまけでパンを1つけるなどしながら売っていました。

嬉しかったこと

夕食前の買い物時にはたくさんの人が買ってくれてとても嬉しかったです。
両日とも見事完売。
2日目は「昨日おいしかったから今日ももらうよ!」
と言ってくれるお客様もいて楽しく販売できました。

たくさんの人達と笑顔でコミュニケーションが出来て楽しかったです。

お昼はどこで食べたの?

場所によってはスーパーの食堂がある場合があるのですが、
この日はなかったので近所のファミレスで昼食を取りました。
昼食代は出ませんので自腹ですから、安く済ませるようにしています。

どんな服装でやりましたか?

服装は自由ですが、一日中立ちっぱなしですので楽な格好で。
ただ一応接客業で、しかも食品を扱うので清潔な格好が必要になります。
私は主婦の客層を意識してセーターとスカートで行きました。
エプロンと三角巾はスーパーで貸してくださったものを使いました。

タグ:

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド