テレフォンアポインター バイト

ノルマがないテレフォンアポインターのバイトでした

時給と応募先について

大学生の時に求人雑誌で東京都内のマネキン用派遣会社の募集を見つけ、
テレホンアポインターの仕事を引き受けました。
募集要項はオフィス内の壁一面に貼ってあり、日時や職種、仕事内容や
日給などを読みながら自分に都合のよいものを選ぶというシステムです。

拘束時間は9時間(実働8時間、休憩30分間が2回)で日給8千円です。
交通費は全額別途支給でした。

服装について

指定された日時に都内の会社に出向き、担当者に挨拶。
服装に関しては特に指示は無く、私はオフィスワークを意識して
スーツで出向きましたが、ほとんどが学生アルバイトだったからか
Tシャツにジーンズなどとてもカジュアルな人も多くいました。

仕事内容について

某子供服ブランドのセール期間を会員に電話して事前に伝えるという仕事内容でした。
場所は東京都内の本社ビルです。
挨拶後に100台ほど電話が並んだ大部屋に通されました。
そして電話をする会員の名前と住所、電話番号が入ったリストを渡されて
上から順に電話をしてセールの告知をする仕事でした。

テレホンアポインターというと物を売る必要があったり
お客さんに怒鳴られたりという印象がある人もいるかもしれませんが
ここでは会員限定でお得な情報を伝えるという仕事でしたので
むしろ喜んでくださる人ばかりでした。

ノルマはありませんでした

ノルマもまったく無く、宣伝以外にやらなければならないのは
電話をしても「現在使われておりません」となった場合に
その会員情報を別紙に記入したり、住所変更があった場合に
新住所を書き留めて社員さんに連絡したりすることだけでした。

その他はずっと、ひたすら電話をしてセールの宣伝をするのみです。
宣伝内容もしっかりと書いたものが用意されているので、
最初のうちはそれを読むだけでもOK
でした。

慣れてくると会員さんと話がはずんだりして少しずつアレンジすることもできました。
座って行う仕事ですし、同じくらいの年齢の女性ばかりでしたので
友人もたくさんできました。

一人見張りの社員さんがいるのですが、始める時間や終わる時間、
ランチの時間などその社員さんが皆に一斉に指示を出すので、
そこで友達になった人達と一緒に外出したりもできて楽しかったです。

アルバイト代の支払いは、仕事が終わった日の次の日以降、
都合の良いときに派遣会社のオフィスに印鑑を持参すると交通費と共に
現金で支給されました。学生には便利なアルバイトだと思いました。

タグ:

求人サイト徹底活用法

バイトの選び方

派遣バイト

仕事別体験談

就職活動への生かし方

アーカイブ

このサイトの検索

タグクラウド